小児の病気-子供のために-トップ > 小児の感染症手足口病(小児の症状・治療)

手足口病(小児の症状・治療)

手足口病とは?

手足口病とは、手、足、口に発疹が生じる夏風邪の1つです。
手足口病はコクサッキーウイルスやエンテロウイルスが原因で、感染した人のくしゃみや席で感染する飛沫感染です。

1〜4歳の小児がかかりやく、春から夏場に発症することが多いです。

手足口病による小児の症状

手足口病による小児の症状には、手のひら、足の裏、口の中に生じる水疱が特徴的です。
この水疱は米粒ぐらいの大きさで、痛みやかゆみはありません。周りは赤く、真ん中が白くなっています。
発疹は1週間程度で治りますが、発疹が発生している場所によって異なります。

小児の手足口病の治療

口の中の発疹はつぶれやすく、潰瘍になって痛みますので、口から小児の異常に気が付くことが多いです。
手足口病による口内炎の治療には、口内炎を抑えるシロップや塗り薬などが使用されます。

口の中の痛みで小児が泣き出すぐらいですから、食事は刺激の少ないやわらかいものを食べさせるようにしましょう。また、脱水症状にならないように水分補給には十分注意しましょう。


スポンサードリンク

手足口病(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .