小児の病気-子供のために-トップ > 小児の感染症突発性発疹(小児の症状・治療)

突発性発疹(小児の症状・治療)

突発性発疹って?

突発性発疹はヒトヘルペスウイルス6型に感染によって、発疹があらわれる病気です。 生後4ヶ月〜2歳の小児がかかりやすい病気で、1年を通して見られる病気です。

ほとんどの小児が経験する病気ですが、予後は良好で合併症の心配などは特にありません。

突発性発疹による子供の症状

38℃〜40℃の高熱が突然起こって、2〜3日続きます。
このときに熱性けいれんを引き起こすことがあります。

その後は突然熱が下がり、赤い発疹が見られるようになります。
発疹は背中から体中に広がり始めますが、この発疹も2、3日で消失していきます。
このときにの発疹にはかゆみはありません。

小児の突発性発疹の治療

まず医師に診てもらいましょう。
突発性発疹は時間が経過すると自然に治りますので、家で安静にさせます。
家では水分補給に十分気を配りましょう。


スポンサードリンク

突発性発疹(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .