小児の病気-子供のために-トップ > 小児の心の病トゥレット症候群(小児の症状・治療)

トゥレット症候群(小児の症状・治療)

トゥレット症候群とは?

トゥレット症候群とはチック障害の1つで、多発性の運動チック症状と1種類以上の音声チックが1年以上の間にほとんど毎日生じる病気です。
チックとは突然繰り返して起こる運動や発声が起こることです。例えば、肩すくめ、瞬き、咳払い、舌打ち、喉を鳴らすなど様々で、無目的・無意識に起こります。
トゥレット症候群は遺伝的な要因があるといわれており、18歳以前に発症します。 なおチック障害には症状と発症している期間から、一過性チック障害、慢性チック障害、トゥレット症候群に分類されます。

トゥレット症候群による小児の症状

トゥレット症候群による小児の症状は、チック症状(多発性の運動チックと1種類以上の音声チック)が毎日高頻度で発生します。
トゥレット症候群は2歳〜13歳ぐらいにチック症状が発生し始めて、10歳を過ぎると汚言症の発生も高くなります。
トゥレット症候群のチック症状には攻撃的な要素も多く、人間関係や社会生活において問題が生じることがあります。

また、トゥレット症候群に加えて、強迫性障害、ADAH(注意欠陥/多動性障害)、不安障害、学習障害、行為障害、気分障害、睡眠障害なども併発することが多いといわれています。

トゥレット症候群の治療

トウレット障害の治療には精神療法、行動療法、薬物療法などがあります。


スポンサードリンク

トゥレット症候群(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .