小児の病気-子供のために-トップ > 小児の心の病読字障害(小児の症状・治療・予後)

読字障害(小児の症状・治療・予後)

読字障害とは?

読字障害は学習障害の1つです。
学習障害の小児期の有病率は5%〜10%で、読字障害は約4%といわれています。
学習障害とは、全体的には知能の遅れはないものの、聞く、読む、書く
話すといった特定の能力に対して困難を示す障害のことです。大きく
分けて、読字障害、算数障害、書字表出障害の三つに分類されます。
この学習障害の中でも、言葉を認識する能力に障害があるのが、読字障害といわれます。

読字障害による小児の症状

読字障害は言葉を認識する能力に障害があるため、読字障害による小児の症状には「読むのが遅い、読む精度の低下、言葉の理解が劣る」などの症状がみられます。

読字障害の症状は幼児期から見られることが多く、読字障害の他にも算数障害、書字表出障害、コミュニケーション障害、注意欠陥、多動性障害なども伴うがあります。

読字障害の治療

読字障害が軽度な場合は、小児に対して治療教育(教育の積み重ねて脳神経を刺激し、社会適応能力を高めます。)を行いますが、重度な場合は社会的適応が困難になる可能性があります。

読字障害の予後

算数障害は成人期まで持続する可能性があり、治療が不十分であると様々な心理的・適応上の問題が生じる可能性があります。


スポンサードリンク

読字障害(小児の症状・治療・予後)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .