小児の病気-子供のために-トップ > 小児の心の病行為障害(小児の症状・治療・予後)

行為障害(小児の症状・治療・予後)

行為障害とは?

行為障害とは、反抗的で攻撃的な非行行為を繰り返す状態をいいます。
18歳以下の子供では男の子が6〜16%で、女性が2〜9%の有病率となっています。

行為障害で起こる非行行為は年齢相応に必要な社会的規範や規則から著しく逸脱しています。その非行行為を引き起こす原因としては脳の障害、精神的な障害、人格発達のゆがみ、家庭環境や社会的環境の影響などの多くの要因が関与しています。

行為障害による小児の症状

行為障害による小児の症状としては、いじめ、喧嘩、強迫、その他人を傷つけるような行為や、学校をさぼったりします。
行為障害を引き起こす小児は、上記のような行為を繰り返すために集団から孤立しやすい状態となります。

行為障害の治療

行為障害の治療には、行動療法的な対応や認知行動療法的な対応を行ったり、対応児童自立支援施設といわれる矯正施設で生活して、学校や職場に通う方法などがあります。
児童自立支援施設では生活習慣や社会的規範、価値規範などを学びながら、個人の成長を促す指導が行われます。
そのほかには薬物療法も行われることがあります。

行為障害の子供の予後

予後を良好にするためにも、治療を早期から開始することが大切になります。
一部の子供では成人期まで症状が持続することもあります。


スポンサードリンク

行為障害(小児の症状・治療・予後)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .