小児の病気-子供のために-トップ > 小児の心の病注意欠陥/多動性障害(小児の症状・治療)

注意欠陥/多動性障害(小児の症状・治療)

注意欠陥/多動性障害とは?

注意欠陥/多動性障害とはADEDとも呼ばれ、注意力散漫・衝動性・落ち着きがない多動性の3つの症状が特徴で、社会生活に支障が及ぼす障害のことをいいます。 このADHDは小学生の3%〜5%と多く、男の子の方が多い小児の病気です。
この3つの特徴的な症状の中で、どの症状が強いかによって、「不注意散漫型、多動性・衝動性優勢型、混合型」というように分かれます。

注意欠陥/多動性障害による小児の症状

注意欠陥/多動性障害による小児の症状は、注意力散漫・衝動性・多動性(落ち着きがない)の3つの症状が特徴です。

この症状が目立ってくるのが4歳〜小学校低学年の間の子供です。
10歳ごろになると注意力散漫によって事故を起こしやすくなったり、友達に対して協調性がもてない、運動に障害がみられる、突然教室を離れるなどがみられることがあります。

このような行動を子供が起こしても、当の本人は悪いことをしたという罪悪感などはなく、悪意もないため、行動に対する注意や叱責で自信をなくしたり、逆に反抗心を強めてしまうこともあります。

注意欠陥/多動性障害の治療

ADHDの小児は親や先生にしかられることが多くなりやすいです。そのため、子供だけではなく、両親や教師もこの障害のことをよく理解して、普通の子供と同じように育てることがまず大切になってきます。
注意欠陥/多動性障害の治療には精神刺激薬を使用した薬物療法が有効です。そのほかの治療法には行動療法、認知療法、ソーシャルスキルトレーニングなどの精神療法やカウンセリングなどもあります。


スポンサードリンク

注意欠陥/多動性障害(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .