小児の病気-子供のために-トップ > 小児の嘔吐アセトン血性嘔吐症(小児の症状・治療)

アセトン血性嘔吐症(小児の症状・治療)

アセトン血性嘔吐症とは?

アセトン血性嘔吐症とは、自家中毒とも呼ばれて小児の体調がよくなかったり、疲れやストレスが原因となって激しく嘔吐する症状をいいます。
このアセトン血性嘔吐症は3〜5歳の小児が多いといわれており、血中のアセトン体が増加することで起きる中毒症状です。

アセトン血性嘔吐症による小児の症状

主な症状は嘔吐ですが、頭痛、腹痛を伴うことがあります。
小児の嘔吐症状は、食べ物を食べると激しく嘔吐します。この嘔吐症状は夜の方が症状が現われやすいです。

小児のアセトン血性嘔吐症の治療

早めに小児科で受診しましょう。
嘔吐しますので、脱水症状にならないように水分補給には十分注意します。
病院では点滴を行ったり、吐き気止めなどを使用します。


スポンサードリンク

アセトン血性嘔吐症(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .