小児の病気-子供のために-トップ > 小児の嘔吐肥厚性幽門狭窄症(小児の症状・治療)

肥厚性幽門狭窄症(小児の症状・治療)

生後約1ヶ月の赤ちゃんが、授乳後に口や鼻から勢いよく吐いた場合は肥厚性幽門狭窄症の可能性があります。

肥厚性幽門狭窄症とは

肥厚性幽門狭窄症とは、胃の出口にある幽門部の筋肉が厚くなっていることが原因である病気です。
多くの場合、先天性によるものです。

胃の出口が厚くなっているため、小児が口から飲んだものを胃から十二指腸へ移動しにくいです。
そのため、嘔吐といった小児の症状がみられます。

肥厚性幽門狭窄症による小児の症状

噴水のような勢いのある嘔吐が特徴です。
進行すると栄養不良、体重減少となってやせ細り、成長に影響を及ぼす可能性もあります。

小児の肥厚性幽門狭窄症の治療

厚くなって狭い幽門(胃の出口)を正常な通り道にするため、手術が行われます


スポンサードリンク

肥厚性幽門狭窄症(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .