小児の病気-子供のために-トップ > 小児の嘔吐動揺病(小児の乗り物酔いの原因・治療)

動揺病(小児の乗り物酔いの原因・治療)

乗り物酔いはバスは船に乗ったときの揺れで気分が悪くなる状態です。
小児の動揺病(乗り物酔い)の場合は、乗り物から降りても吐き気がなかなか治まらないときがあります。

小児の動揺病(乗り物酔い)の原因

小児が動揺病を引き起こすのは三半規管が過剰に働くことが原因です。
動きや回転運動に対して三半規管が過剰に働く動揺病は小学生に最も多く見られて、年齢と共に徐々に少なくなっていきます。

小児の動揺病の予防・治療

乗り物に乗る遠足や旅行の前日は子供に十分睡眠をとらせることが大切です。
また、前夜の過食や朝食を抜くといった行動は子供の動揺病を引き起こしやすくなりますので、注意してください。

小児の動揺病(乗り物酔い)には「酔い止め薬」が有効です。
吐き気やめまいを抑える酔い止め薬は、乗り物に乗る直前ではなく、乗る30分前に飲むことが最も適しています。


スポンサードリンク

動揺病(小児の乗り物酔いの原因・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .