小児の病気-子供のために-トップ > 小児の発疹SSSS(小児の症状・治療)

SSSS(小児の症状・治療)

SSSSとは?

SSSSとはブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群と呼ばれるものです。
黄色ブドウ球菌といわれる細菌の毒素が全身にまわって、皮膚に到達することで皮膚が赤くただれる病気です。
重篤な状態になる可能性がある危険な病気です。
抵抗力が弱いときやとびひにかかった小児がSSSSにかかりやすくなります。

SSSSによる小児の症状

風邪のような症状が続いた後に、目・鼻・口が赤くなってただれてきます。その後皮膚のただれが全身に起こります。
ただれると体が痛くて熟睡できなくなりますし、ただれをこすると皮膚がはがれてしまいます。

生後1ヶ月以内の赤ちゃんは特に注意が必要で、命に関わる危険性があります。

小児のSSSSの治療

小児がSSSSになった場合は入院して治療します。
治療には抗生物質を投与して、皮膚に軟膏を使用したりしながら治療を行います。


スポンサードリンク

SSSS(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .