小児の病気-子供のために-トップ > 小児の発疹水ぼうそう・水痘(小児の症状・治療・予防)

水ぼうそう・水痘(小児の症状・治療・予防)

水ぼうそう(水痘)って?

水疱瘡(水痘)とは、ウイルス性の病気で顔・首を中心に発疹が表れるのが特徴的です。
この病気は妊婦さんがかかると、赤ちゃんに障害を起こす先天性水痘となる危険性があります。

基本的に子供の病気で水疱瘡の患者さんの9割以上が9歳以下の子供達にあたります。

水ぼうそうによる小児の症状

水ぼうそうによる発疹が全身に広がっていきます。
そして時間がたつと発疹は水疱から膿疱、かさぶたへと変化していきます。

発疹はかゆいですが、かきむしると跡が残ることもあるので、子供がかきむしらないように注意してください。

水疱瘡の症状は水疱性の発しんの他、発熱、咳、食欲不振といった症状が見られます。
合併症になることはほとんどありませんが、肺炎、気管支炎、急性腎炎、脳炎、ライ症候群、多発性神経炎、急性小脳失調症などです。

小児の水ぼうそうの治療・予防

水ぼうそうで発疹が出ている間は安静にさせましょう。
発疹がある間は感染する可能性がありますので、カサブタになるまでは安静にしてください。

水疱瘡の予防接種は任意で行います。
予防接種は1歳を過ぎると受けることができますので、かかりやすい1歳から3歳までの間に受けておくのがいいかもしれません。

また、家族の一人が水疱瘡となったとき、水ぼうそうの免疫を持っていない残りの家族の人は72時間以内に水疱瘡の予防接種を受けることとで8割の確率で発病を予防することができます。


スポンサードリンク

水ぼうそう・水痘(小児の症状・治療・予防)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .