小児の病気-子供のために-トップ > 小児のけいれん憤怒けいれん(小児の症状・対応)

憤怒けいれん(小児の症状・対応)

憤怒けいれんって?

憤怒けいれんとは生後3ヶ月から3歳ぐらいまでの子供起こりやすいひきつけです。

この憤怒けいれんですが、子供がひどく泣いているときに突然息が止まってひきつけをおこします。

子供が成長するにつれて憤怒けいれんは見られなくなりますが、短期間に何度も繰り返すようなときはすぐに医師に診てもらってください。

憤怒けいれんによる小児の症状

憤怒けいれんでは泣いているときにおこるひきつけで、1〜2分で治まります。
後遺症は残りませんが、短期間に繰り返したり、ひきつけのあとに麻痺症状が見られる場合は医師に診てもらいましょう。

小児の憤怒痙攣の治療や対応

薬による治療などは必要ありませんが、小児が憤怒けいれんを起こす場合はストレスが影響していることが考えられますので、子供がストレスになりそうな要因を考えて取り除くことが大切です。

そして子供が憤怒けいれんをおこしたら、まず気道を確保してあげてください。
気道の確保には子供の顔を横に向けて寝かせます。


スポンサードリンク

憤怒けいれん(小児の症状・対応)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .