小児の病気-子供のために-トップ > 小児の頭痛急性鼻炎(小児の症状・治療)

急性鼻炎(小児の症状・治療)

急性鼻炎って?

急性鼻炎は風邪を引いたときに起こります。
風邪のウイルスや細菌が鼻の奥で炎症を起こすことが原因です。

慢性化すると治りにくくなりますので、病院で診てもらいましょう。
熱があるときは小児科へ、熱がないときは耳鼻咽喉科で診てもらうようにします。

急性鼻炎による小児の症状

くしゃみ、鼻水、鼻づまりが主な症状ですが、進行すると熱や頭痛を起こすこともあります。
深刻な病気ではありませんが、小児の急性鼻炎では上記の症状によって栄養摂取が不十分になることがありますので、早めの治療が大切です。

小児の急性鼻炎の治療

小児科または耳鼻咽喉科で診てもらうことが大切です。
小児の急性鼻炎で鼻づまりがひどいときは、温かいおしぼりを鼻にあてたり、綿棒で鼻を刺激させてくしゃみをさせたりして鼻の通りをよくしてあげてください。


スポンサードリンク

急性鼻炎(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .