小児の病気-子供のために-トップ > 小児の咳嚥下性肺炎(小児の症状・治療)

嚥下性肺炎(小児の症状・治療)

嚥下性肺炎とは?

嚥下性肺炎とは小児の気管支に食べ物が入って、肺に炎症を起こす肺炎です。
豆類やピーナッツといった細かく砕けてしまうものが、何かの拍子で気管支に入ってしまうようです。

嚥下性肺炎による小児の症状

嚥下性肺炎になると、突然咳き込んだり、咳き込んでから咳がなかなか止まらなくなったり、数日後にひどい咳が起こるようになります。

小児の嚥下性肺炎の治療

嚥下性肺炎であるかどうか確かめるため、X線で異物の有無を確認します。
異物を確認したら、内視鏡を使って異物を取り除きます。
お薬には抗生物質を使用します。


スポンサードリンク

嚥下性肺炎(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .