小児の病気-子供のために-トップ > 小児の咳急性気管支炎(小児の症状・治療)

急性気管支炎(小児の症状・治療)

急性気管支炎って?

急性気管支炎は気管支や気管に炎症が起きる病気です。
多くの場合は風邪に続いて急性気管支炎になります。
ウイルス感染によるものが多いですが、マイコプラズマや細菌が原因であることもあります。

炎症が太い気道から細気管支へと進行すると、急性細気管支炎となり呼吸困難症状が強くなります。

急性気管支炎による小児の症状

咳の症状が次第に強くなっていき、痰を絡んだ咳に変化していきます。
また、高熱がみられることもあります。
小児が急性気管支炎にかかると、咳によって大人以上に体力を消耗してしまいます。そのため、咳止め薬を飲ませたり、湯冷ましを飲ませて痰を出しやすくしてあげましょう。

小児の急性気管支炎の治療

小児が急性気管支炎にかかり、細菌が原因である場合は抗生物質によって治療します。
ウイルスが原因である場合は、抗生物質が効きませんので、咳止め薬などによる対症療法を行います。

たいていの場合は10日ほどで改善していきます。


スポンサードリンク

急性気管支炎(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .