小児の病気-子供のために-トップ > 小児の下痢アレルギー性腸炎(小児の症状・治療)

アレルギー性腸炎(小児の症状・治療)

アレルギー性腸炎とは?

アレルギー性腸炎は、腸粘膜に起こるアレルギーで乳児に多い病気です。
超粘膜が傷ついてアレルゲン(アレルギーの原因物質)にさらされたり、腸の働きが乱れた時に小児はアレルギー性腸炎を引き起こしやすくなります。

アレルギー性腸炎による小児の症状

下痢、腹痛など
アレルギー性腸炎を繰り返すと症状が重くなります。
症状が悪化すると喉のむくみによる呼吸障害や、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性があります。

また、何度もアレルギー性腸炎を繰り返すと治りにくくなることが多いので注意が必要です。

小児のアレルギー性腸炎の治療

小児のアレルギー性腸炎は自然に治っていく場合が多いですが、他の病気(アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息など)に移行することがあります。

小児のアレルギー性腸炎の治療では、アレルギーの原因となっている食べ物を食べない、除去食を行います。
なお、小児のアレルギーの原因を調べるために、アレルギー検査を行うことがあります。


スポンサードリンク

アレルギー性腸炎(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .