小児の病気-子供のために-トップ > 小児の腹痛先天性水腎症(小児の症状・治療)

先天性水腎症(小児の症状・治療)

先天性水腎症は、腎臓の経路の一部が、生まれつき狭くなっていることが原因で起こる病気です。

腎臓の経路の一部が狭いため、おしっこの流れが悪くなってしまいます。
尿のながれが悪くなると、尿の一部が腎臓に残り、感染症を引き起こす可能性があります。

先天性水腎症による小児の症状

先天性水腎症では感染症を引き起こしやすいため、感染症による腹痛、発熱、血尿などの症状が見られます。

小児の先天性水腎症の治療

軽症の場合は時がたつにつれて自然治癒することがあります。
しかし重症の場合は、尿路感染症を繰り返したり、腎臓障害を引き起こす可能性がありますので、手術を行うことがあります。


スポンサードリンク

先天性水腎症(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .