小児の病気-子供のために-トップ > 小児の発熱髄膜炎(小児の症状・原因・治療)

髄膜炎(小児の症状・原因・治療)

小児の主な症状に発熱、嘔吐、ひきつけ、機嫌が悪い、顔色が悪いといった症状が見られる場合は髄膜炎の可能性があります。

髄膜炎とは?

髄膜炎は脳や脊髄にある髄膜に炎症が起きる状態で、ウイルスや細菌による感染で炎症が起こります。

髄膜炎は無菌性髄膜炎と細菌性髄膜炎に分類されます。
無菌性髄膜炎はウイルス感染によるもので、細菌性髄膜炎は細菌感染によるもので症状や後遺症の度合いが異なってきます。

新生児はB型連鎖球菌、大腸菌、リステリアなどの感染が多く、乳児期や幼児期にはインフルエンザや肺炎球菌による感染が多いです。

髄膜炎による小児が受ける影響

小児が髄膜炎にかかって、治療が遅れると知能低下や運動障害などの原因になる危険性があります。そのため、38度以上の発熱、悪寒、頭痛、吐き気、中耳炎などが長引く場合は、早急に医師に診てもらいましょう。

髄膜炎の治療

小児が髄膜炎にかかった場合、まず検査で原因の細菌またはウイルスを調べます。
細菌性髄膜炎の場合は抗生物質による薬物療法で治療を行いますが、ウイルス性髄膜炎は有効な薬がないために対症療法を行います。


スポンサードリンク

髄膜炎(小児の症状・原因・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .