小児の病気-子供のために-トップ > 予防接種しましょうインフルエンザの予防接種(小児の予防)

インフルエンザの予防接種(小児の予防)

インフルエンザの予防接種について

インフルエンザの予防接種は基本的に流行し始める前の11月頃に受けるのが勧められています。また、インフルエンザにかかってからも予防接種することで症状を軽減できます。

インフルエンザの予防接種は一般的に間隔をおいて2回行います。
最初の予防接種を行った後、3〜4週間後にもう一度行います。(1回で済む場合もあります。)

インフルエンザの予防接種の注意事項

インフルエンザの予防接種を受ければ"ずっと安心"というわけではありません。
また、インフルエンザの予防接種は任意ですので、費用には3千円〜5千円かかります。

だけど、予防接種を受けていれば小児がインフルエンザにかかる可能性は低く、重症になる可能性も低くなります。

インフルエンザ予防接種による小児の副反応について

発赤、腫れといった軽度の副反応は約10%で、発熱など全身反応が1%以下です。
予防接種の中でもインフルエンザの副反応率は少ない部類に位置します。


スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種(小児の予防)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .