小児の病気-子供のために-トップ > 予防接種しましょうポリオの予防接種 (小児の予防接種)

ポリオの予防接種 (小児の予防接種)

ポリオと予防接種について

ポリオは小児麻痺とも言われ、一般的に乳幼児が多い疾患です。
熱帯地域の国々ではポリオによる患者さんがいますが、日本では昭和36年からポリオワクチンが導入されて現在、日本ではポリオの患者さんはいません。
それは予防接種のおかげです。ポリオの予防接種は生後3ヶ月から48ヶ月の間に予防接種を受けます。

小児が受けるポリオの予防接種

ポリオの予防接種はワクチン注射ではなくシロップが含まれたワクチンを飲みます。飲む時期は生後3ヶ月から48ヶ月の間に、6週間以上の間隔をあけながら合計2回飲みます。
飲んだ後は30分は飲食しないようにしましょう。

なお、ポリオのワクチン効果を発揮させるために、ポリオの予防接種は夏を避けて一斉に行われます。

ポリオの病気豆知識

急性灰白髄炎とも言われるポリオは、ポリオウイルスに感染することで発症します。
発症するまでの潜伏期間は、3〜21日程度です。

ポリオの症状には発熱、倦怠感、頭痛、吐き気、嘔吐、ひどい場合は、下肢の麻痺などが起きます。


スポンサードリンク

ポリオの予防接種 (小児の予防接種)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .