小児の病気-子供のために-トップ > 予防接種しましょうBCG(結核の予防接種)

BCG(結核の予防接種)

BCGとは結核の予防接種のことです。
BCGの予防注射は通称"ハンコ注射"といわれているもので、注射の前にはツベルクリン反応検査があります。

BCG予防接種の時期は?

乳幼児は免疫が弱く結核にかかりやすいため、予防接種は一般的に生後3ヶ月から6ヶ月の間に行います。

昔は小学1年と中学1年にツベルクリン反応とBCGを受けていましたが、現在はなくなっております。
そのため、生後3ヶ月から6ヶ月の間に受けておきましょう。

BCGを受けてから

BCGの予防接種を受けたら、接種したところをしばらく観察しましょう。
正常な場合は接種後少し赤くなり、2〜4週間後に針跡が赤く盛り上がります。

ところが接種後3日〜10日までの間に針跡が赤く盛り上がった場合はコッホ現象の可能性があります。
この場合は必ず医師に診てもらいましょう。

コッホ現象って?

コッホ現象とはBCGを受けてから3〜10日までに針跡が赤く盛り上がる現象で、結核菌が赤ちゃんの体にすでに入っている可能性があります。
そのため、必ず医師に診てもらう必要があります。


スポンサードリンク

BCG(結核の予防接種)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .