小児の病気-子供のために-トップ > 乳幼児健診って?3ヶ月健診 -小児の健康診査-

3ヶ月健診 -小児の健康診査-

3ヶ月健診のポイント

3ヶ月健診では、主に運動能力や、他の人とのコミニュケーションがとれるか、どのくらい言葉が発達したかを確認します。
3ヶ月健診では、いままで見つけにくかった小児の運動発達や聴視覚発達の遅れなどもわかりやすいために大切な検査となります。

3ヶ月健診の検査項目

1.運動能力の検査
3歳児になるとバランス感覚が発達してきます。三輪車に乗れるようになったり、片足でケンケンできるようになったかを確認します。

2.言葉の発達の確認
言葉の発達では、3歳の小児は自分の名前や年齢をしっかりと答えることができるか、生き物をみてその名前がしっかり答えられるかを確認します。
視聴覚判定テストを行う前の大事な検査項目です。

3.視聴覚判定テスト
かすかな音に反応できるか、絵を見て答えることができるかなどの視聴覚の検査を行います。

4.その他検査項目
基礎的な身体測定はもちろん、尿検査なども行います。
尿検査では腎臓の病気を早期発見するためにおこなわれます。


スポンサードリンク

3ヶ月健診 -小児の健康診査-は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .