小児の病気-子供のために-トップ > 乳幼児健診って?3ヶ月健診

3ヶ月健診

3ヶ月検診は生後三ヶ月目に行う検診です。
先天異常や首すわりのチェックなど、小児の大事な検査が待っています。

3ヶ月検査の主なポイント

生後3ヶ月の赤ちゃんはコミュニケーション能力を身につけていく大事な時期です。
そのため、普段の赤ちゃんの行動から疑問に思ったことは医師にどんどん伝えましょう。

3ヶ月健診では小児の先天異常を発見しやすくなりますので、忘れずにしっかり受ける必要があります。

健診後は小児の予防接種や食事などについて、いろいろ聞きながら今後の離乳食や予防接種に役立てましょう。

3ヶ月健診の主な検査項目

1.体重、身長、胸囲、頭囲
1ヶ月健診と同様、発育状態を見るために、基本的な身体検査を行います。

2.頭の形、大泉門
頭のてっぺん部分の大泉門のチェックでは、まだ完全に閉じていませんが、どのぐらい閉じているか確認します。

3.心臓、腹部、外性器
心臓の雑音、腹部のしこり、腫瘍、ヘルニア、陰のう水腫の有無などを調べます。

4.首すわり
ハイハイや寝返りなどをする上で、首すわりはとっても大事な役割を担います。
5.その他検査項目
目の状態、股関節脱臼の有無など


スポンサードリンク

3ヶ月健診は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .