小児の病気-子供のために-トップ > 乳幼児健診って?6〜7ヶ月健診 -小児の健康診査-

6〜7ヶ月健診 -小児の健康診査-

6〜7ヶ月健診のポイント

運動発達を確認するために寝返りとおすわりの検査が主なポイントとなってきます。
その他には高度な知能が発達しているか調べるための「ハンカチテスト」といわれる検査なども行われて、しっかり赤ちゃんが成長しているかを確認します。

6〜7ヶ月健診の主な検査項目

1.おすわりの検査
赤ちゃんがちゃんとお座りできるか確認する検査です。
この検査では赤ちゃんをお座りさせて、手を離しても自分でちゃんとおすわりできるかを調べます。

2.寝返りの検査
寝返りの検査では赤ちゃんを寝かせて、ちょっとでも体をねじろうとするか確認する検査です。体をしっかり回転させると合格ですが、ちょっとねじる動作があれば大丈夫だと医師が判断します。

3.ハンカチテスト
赤ちゃんの顔にハンカチをかぶせて、自分でそのハンカチを取ることができるかを確認します。
このハンカチテストは6歳未満の赤ちゃんはできないのですが、6ヶ月過ぎる頃から知能が発達してハンカチを取ることができます。


スポンサードリンク

6〜7ヶ月健診 -小児の健康診査-は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .