小児の病気-子供のために-トップ > 乳幼児健診って?1ヶ月健診

1ヶ月健診

1ヶ月健診は生まれて一ヶ月目の小児健診で、産後健診と一緒になることが多いです。

1ヶ月健診での主なポイント

1ヶ月健診では身体測定のチェックの他に、先天異常の病気の有無などをチェックします。

健診後に渡されるビタミンケイツーシロップは、忘れずに飲ませてください。
赤ちゃんの頭蓋骨内出血の予防に大事です。

1ヶ月健診で主なチェック項目

1.体重・身長・胸囲・頭囲の測定
基本的な身体測定です。
赤ちゃんの栄養状態をチェックしたりする大事なチェック項目です。

2.頭の形、大泉門の閉じ具合
頭蓋骨内出血、水頭症、小頭症などを調べます。

3.皮膚のチェック
皮膚の異常(黄疸など)を調べます。

4.目のチェック
目の動きや眼球の位置をチェックして、斜視の有無などを調べます。

5.その他チェック項目
首のしこりの有無、口内チェック、おへその状態、外陰部の状態など

1ヶ月健診ではこんな検査も行います

1.引き起こし検査
筋肉の緊張や反射を見るために、医師が赤ちゃんの手を上に引き上げる検査を行います。

2.原始歩行反射
赤ちゃんの両脇を持って、赤ちゃんの足を床につかせる検査です。
この検査では、赤ちゃんが歩こうとするしぐさを見ることができます。

3.モロー反射
赤ちゃんを寝かせて両手を持ち、手を引き上げてから突然離す検査です。
赤ちゃんが母親に抱きつくような動作が見られます。


スポンサードリンク

1ヶ月健診は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .